40年の実践に基づく、石井式漢字教育は、日本人となる子供たちのすべての教育の基礎となります。
夏目漱石、森鴎外の偉大な才能と高い教養の基礎となったのは、幼少期における、江戸時代からの伝統的な言葉の教育です。
TOP事務局お問い合わせ採用情報リンク商標プライバシーサイトマップ
教材のご案内
年少児向け【赤い実シリーズ】
年中児向け【白い実シリーズ】
年長児向け【青い実シリーズ】
未就児向け【ひよこシリーズ】
その他教材
出版/刊行物
私達も推薦します
原画制作に当って
お問い合わせ/総合窓口
10:00-17:00 月〜金(土・日・祝は休み)
資料のご請求は、コチラ>>
株式会社 石井式国語教育研究会
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-4-2
川田ビル501
tel 03-5428-5835
fax 03-5428-5836
mail tokyo-ebisu@isiisiki.co.jp
「石井式漢字絵本 青い鳥文庫」の購読を心から推薦します。
東京都足立区 梅島幼稚園
前 理事長 山下宏一
従来に代え、此の四月に石井式国語教育研究会の新しい絵本を子供達に与えた処、「次の頁を開いて」と言っても今迄と違って直ぐには開かない。よく見ると絵本の絵に見入っている。文も、読む教師からは、「すっきりとしていて読み易い」。又「本の大きさも手頃」と。 
石井勲先生が書き残された童話絵本の文を活かし、新進一流の画家グループによる絵を併せた、という絵本に対する反応です。石井先生の「感性の鋭い幼児には本物を」というご期待に添えた絵本が、遂に日の目を見たと思います。
絵本の内容も、古今東西から幼少期に適う話を選びつつ、特に日本の心を培う素材として、人口に膾炙された日本の神話・昔話やお伽話などを織り込んであり、漢字を基点とした情操教育に実に適切です。
子供が魅せられる絵本。きっと楽しく自分から読もうとします。声を出して読めば、最も人間を人間たらしめる脳の前頭前野が発達すると言います。子供の目がぐんと輝きます。日本の子の将来の為にも、有難い絵本が出版されたと喜んで居る次第です。
東京都板橋区
大東文化大学附属青桐幼稚園
前 園長 長谷部文子
幼児にとって漢字は仮名より易しく、漢字を無理なく吸収できるのは幼児期です。
石井勲先生が最後に残してくださったすばらしい絵と漢字、仮名まじりの美しい言葉で書かれた「石井式青い鳥文庫」の絵本は子供の一生の宝物です。幼稚園で、この本を読んでいる時、子供の目は輝いて美しい絵と文は子供の心の中に沁み込んでゆきます。
すばらしい感性と知能が育っている事をこの絵本を通して実感しています。
新潟県新潟市 赤沢保育園
園長 赤澤美治
石井先生はとりわけ絵本に関しては一段と強い関心をお持ちでした。平成16年正月の先生を囲んでの月例勉強会では、先生が直接監修企画中の絵本の進行状況を、主題の話し選びから画家の選定までを、事細かに楽しそうにお話しされていたお声が今でも鮮やかに耳元に響いて参ります。
それだけに生前の先生はその出来上がりをずいぶんと楽しみにしておられましたが、その完成を見る事無く先立たれてしまいました。真に痛恨の極みです。
これまで石井勲博士監修と銘打たれた教材や絵本の大部分は、実はある出版社が先生の了解なしに勝手に監修の文字を入れただけのものでした。生前、先生は「困った、怪しからんことだ」と嘆いておられました。石井勲先生が亡くなられたこれを契機に、これまでの石井式関係の出版物を、石井式を正式に引き継いだ「日本漢字教育振興協會・石井式国語教育研究会」が主体となって出版物を全面的に新しく造ることになりました。そしてその第一号が石井先生がやりかけの絵本の完成でした。
今見事に出来上がった「石井式青い鳥文庫絵本シリーズ」を手にしてみると、そこに何か石井先生のオーラを感じるのです。これぞ本物の監修と感激しております。真の石井式教育の本物教材に仕上げて下さった各位のご努力に深く感謝申し上げます。
神奈川県川崎市 ひかり幼稚園
理事長 松本 壮次
毎月刊行される石井式漢字絵本は、石井勲先生の「読み先習」の学習に最も適しているため、私どもの園の子供たちが、幼稚園の先生たちと毎日、石井式漢字絵本を読むことを通して、文字を覚え、本を読める力を身に付けるばかりでなく、漢字を通して豊かな想像力や情操・品格を育みながら成長していることを強く実感しております。
東京事務局 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-2 川田ビル501 電話03-5428-5835 Fax03-5428-5836 
Copyright(C) 2006 石井式国語教育研究会 All rights reserved.