40年の実践に基づく、石井式漢字教育は、日本人となる子供たちのすべての教育の基礎となります。
夏目漱石、森鴎外の偉大な才能と高い教養の基礎となったのは、幼少期における、江戸時代からの伝統的な言葉の教育です。
TOP事務局お問い合わせ採用情報リンク商標プライバシーサイトマップ
通信教育のご案内
お問い合わせから受講まで
受講案内
質問にお答えします
海外にお住まいの方へ
お子様の発達にお悩みの方
石井勲先生より子育ての秘訣
テルエジュケーションって?
教材のご紹介【天道虫コース】
教材のご紹介【梟コース】
教材のご紹介【兎コース】
教材のご紹介【燕コース】
修了生のための【鵬コース】
通信教育【青い鳥クラブ】の
資料請求・お問い合わせは
こちらのHPでさらに詳しく!
10:00-17:00 月〜金(土・日・祝は休み)
mail counseling@isiisiki.co.jp
お問い合わせ/総合窓口
10:00-17:00 月〜金(土・日・祝は休み)
資料のご請求は、コチラ>>
株式会社 石井式国語教育研究会
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-4-2
川田ビル501
tel 03-5428-5835
fax 03-5428-5836
mail tokyo-ebisu@isiisiki.co.jp
修了生のための【鵬コース】
 
鵬(おおとり)コースとは?
通信教育のカリキュラムを修了した方のみ受講できるコースです。
小学生の内容となります。
就学年齢に達したお子様がコースを修了された時にご案内が入ります。
既にお持ちの教材などは、省くことができますので、お申込みになる前に、 担任の先生に必ずご相談下さい。
 
カリキュラム
1.
読本 音読をしましょう。
毎月1冊お送りします。
絵のない、“読本”になります。
古典 1、2、3
名作 1、2、3
伝記 1,2
お話 1,2,3,4
2.
小学生の漢字
教室で使っているワークを使用し、小学1年〜2年までの漢字の学習を 1年間でします。
3.
古典学習
今まで学習した、諺、俳句、百人一首に加え、朗誦選を使用します。 また、古典の読本が3冊ありますから、枕草子、万葉集なども読みます。
4.
作文学習
作文のワークシートを使い、書くことに親しんでいきます。 書いたものを提出してもらい、担任の先生からアドバイスや添削があります。
5.
カウンセリング
1回15分のカウンセリングが毎回(12回)つきます。 漢字指導のポイントや古典の読み方、お寄せいただいた作文に対するアドバイスなどになります。
 
作文学習の実際
課題に対して送られてきた作文です。 どれも言葉に対する感性がキラリと光るものばかりです。
 
鵬コース7号 課題 
「嵐の中傘をさして歩いている場面の絵」を見て作文を書きましょう。
 
 
鵬コース9号 課題 
「4つの絵」の中から一つを選んで リフレインを使った詩を書きましょう
 
 
鵬コース12号 課題 
お礼の葉書を書きましょう。 身近な人にお礼の葉書を書く取り組みです。
 
 
保護者様のお便りから
 三年間お世話になりました。「青い鳥クラブ」も卒業となりました。息子は幼稚園の年中から二年生の一月迄ですが、「青い鳥クラブ」を受講致しました。たくさんの絵本や物語、古典、童謡、詩などに触れる事が出来、自然に漢字に親しみ、美しい日本語を耳にする環境を作ってあげられた事に感謝しています。良かった事を挙げたいと思います。
 
漢字に早くから触れていたので、書くことも読むことも抵抗なく自然にしています。
絵本の絵も楽しみ、風景、顔の表情などを見て思った事を表現しています。
朗読をすることが大好きで、人前で発表する事が大好き。小学校の先生からも讃めて頂いています。
語彙が豊かなので思った事、感じたことをすぐ表現しています。
親子で取り組むので、自然とコミュニケーションがとれ、漢字もカード等で楽しくゲームとして、覚えていきました。親も一緒に楽しめました。
字の練習をワーク等でしていたので、字が上手に書けるようになり、硬筆で表彰されました。
一つの絵本等を一ヶ月かけてじっくり読むうちに自分自身でも上手に読めるようになるのがわかり、努力すれば必ず良い結果が出せることを理解し、自信につなげることが出来ました。
スクーリングで先生と対面し、他の子供達の頑張っている姿や、家庭と違ってテンポよく読み進めていかれる姿に、親子共々刺激を受け、大変参考になりました。
読み検定に二度チャレンジしました。自分の声を録音する事が初めてで、失敗を何度もしながら完成した時は達成感がありました。
作文指導があり、子供が楽しみながら出来るようになっており、自然に作文が出来ていた。学校で二年生を代表して読書感想文に選ばれました。
毎月のカウンセリングで、石井式漢字教育のことをわかりやすく教えて下さるとともに、教材に関する事や、子供の観方や扱い方等、親切に教えて下さるので、カウンセリングの時間が待ち遠しかったです。又、息子が直接お電話で朗読を聴いて頂く時は、嬉しいらしく、張り切って読んでいました。いつも温かく励まし、讃嘆して下さり有難うございました。
 
「青い鳥クラブ」を通して
 日々、メディアを通して色々な情報を与えられてはいますが、子供の年齢に応じて感性を育てていくもの、美しい言葉、絵、音楽等は親が選択してその環境を作っていってあげたいと思いながらも、何をどうしていいのかわからない人も多いと思います。私もその一人ですが、「青い鳥クラブ」とのご縁を頂いたことで、教材とともに、毎月、心強い先生のカウンセリングを受ける事が出来、子供と共に懐かしい昔話を読んだり、童謡を歌ったり、カードでことわざのゲームをしたり、又、古典を読んだりと日本語って奥深く素晴らしいなぁと思いつつ、色々とすすめていく事が出来ました。教材も全て出来てはいませんので、これからも百人一首や論語など覚えていきたいですし、漢字にも益々興味を持ち、読書の好きな人に育って欲しいと願っています。親子共にかけがえのない時間を過ごせました。青い鳥クラブに感謝しつつ、益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

先生方、お世話になり有難うございました。
 
松本晃拓母 松本聖子
 
東京事務局 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-2 川田ビル501 電話03-5428-5835 Fax03-5428-5836  0120-141256(イシイニコール)
Copyright(C) 2006 石井式国語教育研究会 All rights reserved.